ブログトップ

とっても 深イイ  実写 Space Battleship ヤマト

nikikko.exblog.jp

とかく批判されがちな映画ですが、実はすばらしい作品なのです。

映画について

分別盛りのヤマト世代です。
よい年をして5回も実写版を見ました。
個人的には。
とても練りこまれたすばらしい作品。
アニメ原理主義的な方は耐えられないだろうけど。
オリジナルの魂を生かしながらリアルさを追求していると思います。
1度目はアニメの影響が大きすぎてすんなり入らなかったのは正直なところですが。

作り手は「宇宙戦艦ヤマト」とはいったいどういうものだったのか。
ヒーロー物語というだけではなく。究極の戦争という状況で人の取りうる行動や想いに深い意味合いまで持たせようとしています。

新しい血を吹き込んで昔のテーマだった「愛」を言の葉では一言も語らず。
行動によってのみ伝えようとすることも日本的で好きです。
微に入り細にいり。原作のイメージや誇大な宣伝に引きずられないよう
うまくイメージをリレーいていくと役者の個性もあいまって大変よくできた作品と思えます。

旧ヤマト世代で1度見ただけで毀誉褒貶するのはどうかな?
数回見るととても収まりよいと思うのですが。

大スクリーンで堪能できるのは今だけですよ?
テレビ再放映してから後悔しても遅い気もします。
[PR]
by nikikko | 2011-01-02 15:56