ブログトップ

とっても 深イイ  実写 Space Battleship ヤマト

nikikko.exblog.jp

とかく批判されがちな映画ですが、実はすばらしい作品なのです。

カテゴリ:未分類( 10 )

映画にとってオープニングは命。

SBのオープニングはヒロイン森雪の瞳の残像から。
なん筋か光跡、心臓の鼓動。
緊迫した様子が脳裏を掠める。
すぐにスピード感のある驚くようなズーム&トラックバック。(多分合成)
戦闘機に乗る森雪が登場。

私など、ここだけでも舌を巻く。
世に言うファーストカット。
普通のズームバックやトラックバックするだけでも
気を使うのに引き始めは、クローズアップのようでクローズアップではない。
周りの光景、OL(オーバーラップ)で行き交う光線(遠景)が瞳に写っているという設定なのだから。
私も専門分野の端くれではあるが・・・。
このファーストカットは実にすばらしい。

あっという間に戦場という異常空間にいざなって見せるのだからね。
この映画は宇宙での戦争の映画なんだよとストレートに入ってきます。

さらに引いてコスモタイガーの編隊、後ろに浮かぶ火星。
火星は部分だけで全景を見せないのもミソ(赤い地球と似てますからね)。
リアルさと普段なじみのない距離感で描かれています。

機銃の軌跡をかいくぐりながら飛行する先には上から覆いかぶさるような大きな物体が。でも、それがなんだか良くわからない。(総てを見せない演出)

ここでシーンは艦橋に変わり、この物語の中心人物でもある沖田艦長へと急接近。
指示を出す姿はもうを重要人物であることを暗示する。(それもしかとは語らず。人物が分かるか分からないかのうちに空中戦にカットバック。)
森雪に戻り、射程内から退避。押さえつけるような敵戦艦のスケール。
それさえもゆっくりは堪能できない。

なぜここまで忙しないか。
総て計算づくなのだ。戦場に待ったはない。
[PR]
by nikikko | 2011-03-01 21:17
最終乗艦終えました。

9:45開始。という早い時間の上映だったのですが
映画館自体も店じまいということもあってかお客さんは多目。
お子さん連れも目立ちましたし、カップルもいた。
僕のようなリピーター風の人もしっかり陣取っていましたね。
30人くらいはいたでしょうか。
寂しい終了にはならずにこの日を迎えたことは良かった。

私も中一の息子が見たいというので親子での鑑賞。
彼もなんと。5回目。結構気に入ってくれたみたいです。

つらつらと。
ここ2ヶ月、時には妄想炸裂・事実誤認も少なからずありましたが。
色々な視点で作品を追っかけられたことは
充実も出来たし、何より幸福な時間でした。

2回目以降は、シンプルなエンタメとしても見ることが出来ました。
火星空域の艦隊決戦や、ヤマト発進、コスモタイガーのドッグファイトなどなど。視覚効果の名シーンには今でも舌を巻きます。

ストーリーも単純そうで奥深く、
良く出来た寓話や神話の真髄まで感じることが出来た。
わざと説明を省き見ているほうにイメージでつなげさせようとする。
だからこそ際どい味付けになってる。
ヤマト乗組員たるもの。
それが分かるくらいの努力もしてください。
実は。そう問われているのではないかと思います。

映画の観客なんて。
実は受身でないものねだり。
それを満足させるのが映画というものだ。
公言してはばからない。

お客が見極めたつもりでも裸の王様。
実は製作者サイドからも見極められてる。
SBを見るとそんなことさえ思います。

多くの回数を重ね。
映画は見てきましたけれど。
私自身も謎解きパズルは未完のまま。

大和とヤマトの重なりは凄くわかる気がしてきたんですけどね。
いまだに、「君たちにとって勝利とはなんだ?』以降
ラストシーン、ヤマト特攻までは。
ガミラス:イスカンダルの関係も相まって
依然として大きな謎として残っています。

恐ろしいほどのメッセージ性を感じますからね。
僕はそれを人類への「神の啓示」「贖罪の隠喩」とまでは考えられなくて。
今後も謎解きは続きそうです。
[PR]
by nikikko | 2011-02-28 21:50
e0218278_121438.jpg
「いいか?。よーく覚えておけ。あれが大和だ・・。日本の男の船だ。」

妙に今でも覚えているアニメの中の台詞。

6度目の乗艦から帰ってきてそんなことを思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
唐突にすみませんでした。
かつてのヤマト世代です。

昨年12月に公開された「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ですが
毀誉褒貶が激しいですね。

かつてのファンでもぼろくそ言ってる人は大勢いますし。
映画関係者とか映画通とか評論家とか。
突っ込みどころ満載の駄作系ということで言いたい放題の方も多い。

そんなに「出来」の悪い映画か!?

私はそうは思わない。
傑作ではないか?
今は世間的に評価は分かれても後世に残る名作だと信じたい。

ということで応援ブログ。

緊急発信する!

いえ。
緊急発進します♪

実写は最悪だ!なんていう意見のログは論理的整合性・説得力がない限り基本削除しますけどね。そこまでできる人は「お手並み拝見と行きますか?」ww
無論愛情のある突っ込みはOKです。

ネタ振りは原作等もありですが。
基本実写版映画についてのポジティブな話で願います。
メインテーマはあくまで。

実写版「Space Battleship ヤマト」


冷静に考えれば矛盾や突込みどころだらけの原作を過剰に美化し、原作原理主義を貫きたい方は近寄らないでください。

私はオリジナルも実写版もどちらも好きなもんで。

この作品の関してはネットでもファンのサイトらしきものはそんなにありません。映画に感動した人はぜひご参加くださいね。
ご一緒に楽しみましょう♪

でも、論理性のない、感情的な批判など。いい加減なコメントは削除します。
[PR]
by nikikko | 2011-02-18 16:43
『戦艦大和』についてはいままで遠ざけてきたところもありました。
「SB」を何度も観ているうちに、ヤマトは大和と切っても切れない関係があるような気がしてきたのは事実です。

台詞でこそ一度でてくるだけだし、沈没戦艦としてたたずむシーンや発進シーンに痕跡を残すだけなんですけどね。
SBのメッセージ力にはガミラスとイスカンダルの関係、
そして大和とヤマトの関係抜きでは語られない気がしてきたのです。

そして自分が『戦艦大和』についてはあまりに良く知らないことに思い当たったんです。知ってるつもり、と「軍部の愚行」などのレッテル張りであったりとか。

そういう意味で同じように映画でしっかり描かれたものとして
『男たちの大和」を見ることにしたわけです。

もちろん想像を超えた不条理と絶望感。
その中で「生きることと死ぬこと」を必死に考え行動する人たち。
国にため、愛する家族のため。交錯するそれぞれの思い。
実話であるだけにその重さと、悲しみは胸に迫りました。

劇中「SBヤマト」は何度かガミラスと交戦(どっちかというと応戦)しますが、手放しの勝利は全くといってよいほど描かれていません。何がしかの代償や犠牲が必ずといってよいほど付随します。

決して勝利を賛美してはいないSB。善なるものを目指しながらも善悪の判断を押し付けたりしない。分かりにくさも含めて。
『戦艦大和』が下敷きになっているのだろうな・・。

映像に出てくる以上に。ヤマトは「大和」への尊厳を大事にしているように見えます。今回の実写版がストーリー上は多数の犠牲者を出しながらも命を軽んじていない重みのようなものを感じるのは「戦艦大和」という存在があるからこそではないかとも思います。

長くなりました。
今日その「男たちの大和」を見た後はじめて「SBヤマト」を見てきました。
「もしかしたらSBが軽く見えるのでは?」
という心配は意外なほど杞憂に終わり。
却って感慨がました感じで見られました。

見えないコードで裏「大和」が存在している。
興味がある方は同時進行で観ることもお勧めします。
[PR]
by nikikko | 2011-02-18 16:42
SBの人物登場は何度見ても恐れ入る。
野暮なテロップ。
例えば『地球防衛軍日本艦隊 旗艦艦長沖田十三』
なんて画面下にもにょもにょと出てきたりはしないのだ。

映像(え)で見せる。これにとことんこだわっている。
原作を知ってる人はもちろん。
観ているほうに『誰?』『どんな人?』
を無駄な説明なしにキャスティングしてくるのだ。

最初の火星戦闘シーンで。
森雪・沖田・真田・相原・古代守。
おおよその関係が説明されることなく解ってしまう。

佐渡先生や島、斉藤。
はっと思ったらそこに自然にいる。
艦内で古代が暴れて沖田に初めて対面したときも、
佐渡先生が
『やめなさい 古代!』
で、真田が。
『古代・・・進?』
(弟の名前まで知っている仲であることを暗に語っている)
「君は古代守君の家族なのか?!」なんてまどろっこしいやり取りはない。

その古代進。
あの美しい幻想的な大宇宙のシーンのあと、
矮小で吝嗇な世界の主として登場するのである。
しかも顔が全くわからない状態。

ここで一緒に登場するのが、2人の青年。

諦め、厭世、猜疑、やっかみ、怠惰といったおおよそ褒められない態度。
裏腹に『生き延びたい』『自分もいい思いをしたい』
そうした欲望を抱いている。

古代自身もそんな一人を殴り飛ばしては見るが。
少しは貢献しようと勤めるものの、
五十歩百歩。無力に近い。
そんな人として登場する。

古代は飛行物体が落ちた後、天国の回想シーンのような場面を経て
初めて顔を現す。
生まれ変わる予兆のようなすばらしい展開。
(もちろんその後もいろいろあるわけですが・・・)
その後の展開が観てのとおり。

もちろん、そういう主役級人物の登場ははっと思わせるようなものでなくてはいけないことも多いが。

私が注目したのは。名もない2人の小者。
実は映画の中で乗組員や関係者以外で唯一単独の台詞がある人物はこの人たちだけ。
台詞からして人間の持つネガティブな側面。
それだけを見せるために登場させたとしか思えない設定だ。
もちろん。古代が荒んだ暮らしをしていた。
と言う説明でもあろうが・・・・。

ヤマトや乗組員が命を懸けて戦うのとは究極の対比。
でも、誰の心にも潜んでいる心の闇。

エンディングのあり方も含めて。
実はこの二人の登場は古代進を説明したいだけではないのではなかろうか?

考えすぎとは思うけど。
そんなことを思った昨日の鑑賞。
[PR]
by nikikko | 2011-02-09 01:24
古代君といえば。
対比する関係は主役だからたくさんありますよね。
沖田:古代
守:進
真田:古代
島:古代 などなど。

(もっとも古代君が本当に主役なのか!?という辺りがヤマトがヤマトたる所以とは思うのですけどね。)

主役にはヒロイン。

解りきったことなのですが。
古代進には森雪と決まっている。

アニメでは26話をかけて、2人の恋が実っていく様子。
思い起こせば、子供でも割とわかりやすい展開でした。

ところがSBとなると。
いただけないというご意見の多いこと・・・。

そう。SBで2人のロマンスは特にご不満や疑問の声が多い。

「あんな戦闘状況で?しかも重責を担ってるのにロマンス?!」
「どさくさにまぎれて・・・いたしちゃったの?!興ざめ~~!セクハラでは?」
という風に枚挙にいとまなし。

でも、どうなんでしょう?
確かにこの映画はラブロマンスの映画ではない。
といってむりやり話を入れたわけでもないと思うんです。

古代は最初は雪をどう思ったかは解りません。
きれいだから男としてもそれなりの気持ちはあったと察せられはします。
でも、雪にははじめっから古代への憧れはあった。
もちろん元エースパイロットだったんですからね。
同じ道で、たとえ一面気高く強い女性でさえも、
憧れるのはごく自然。

途中、古代は事件が元でグレて(?)しまうわけですが。
雪には、見損なったそんな古代でさえ、憎しみの感情の裏腹な気持ちはあったと思う。
そんな一度は見下げた男、でも映画の中で古代は彼女があこがれていたときよりもさらに光り輝いていく。

気づかぬうちに秘めた想いが募ることは繋がっていきます。

戦争中ですよ?
それは恋愛は禁じられてはいたかも知れない。
でも、その禁を破って情に流れてしまう。
生命保存の法則とでも申しましょうか・・・。
ありえない話ではないと思うんです。

僕自身も。
戦争に近い体験はしました。
そんな時、平時は気にもかけてなかった異性を意外なほど意識したことがありました。生死も知れない状況では、十分ありえること。
私にはそう思えます。

しかも。問題のシーンは。同士を自ら切り捨てる。
2人同罪の罪を犯した上、古代は艦長からイスカンダルの嘘まで聞いてしまった。
彼らが結びつくこと自体を。
秘めていた恋愛感情が溢れ出ることを・・・。

果たして責められるのでしょうか?

あのシーンは確かにあそこで心の一線を越えたということは示しましたが。
行為まではほのめかす程度。
未来のことなのだから、死後の人工授精だって十分ありえる。

私としたらそう矛盾はしていないように思えて仕方がない。

また、ヤマトはイスカンダルへ放射能除去装置を取りにいくという大義はありましたが、僕の想像では、もしだめだった場合。「種の保存」ということも想定されていたのではないか?(ヤマトの最初の大義は選ばれた人類を地球から脱出させる)乗艦員に女性が多いことからそんなことも想像してしまいます。・・・・「復活の日」でもあるまいに^^;
(古代がガミラス上陸を決めたとき、少なくとも種の保存より人類救済を選ぶ選択をしたようにも理解できます)

人工授精はともかく。
2人がその後愛を育んだとしても。
決して矛盾はしない。

航海自体はそれなりの期間はあったわけですしね。

今回の映画に関しては。
そういうことも含めて。
色々なイマジネーションが出来るのです。

それはこの映画が、唐突・詰め込みすぎに代表される弱点の。
とてつもなく強力な反証であり、秀逸な一面でもあるわけです。

私のように妄想するかしないかはともかく。^^;
そういう点で2人のロマンスを。

見守ってあげることは出来ますよね?
[PR]
by nikikko | 2011-01-30 15:47
別項目でも書きましたが。
本作はとても緻密に練られた作品だと思います。
監督の手腕なのでしょう。

生命・愛・希望、そしてそれをリレーしていく愛の戦士たち。
監督の想いがヤマトの願いが。
本当にこめられている気がします。
何よりメッセージの発信の仕方が心憎いばかり。

例えばなんですけどね。

最初古代守が明るい感じで沖田艦の盾として人類の希望を託して殉死するわけですが、
最後、弟の進も同じ行為に出ています。(しかも同様に笑みをたたえながら)


また、別の場面ですが。
話の出だし部分で、沖田に向かって最初進は恥ずかしくないのか?と噛み付くシーンがあります。
沖田は「生きて還るという仕事もある。」と自らの信念を言います。
戦いや物語がつむがれていく中で、古代進は指揮官として成長。
最終盤で古代は島に「生きて還る仕事」を託す形でクライマックスになるわけです。

また、その最後の場面でも。
島が最後に第一艦橋に入ってくるのをすべて予感していたかのような古代。
島が一番大事な操縦かんを自らに託され、進自身は最愛の雪を島に託す。


くどく説明するわけでもなく。
とにかく心打たれる演出ばかり。

心無いことを評価する人はこういう場面を。
きちんと見られているのでしょうかね?
[PR]
by nikikko | 2011-01-29 20:43
12月に公開された「SBヤマト」
そろそろ、上映も打ち切り間近と言うところだろうか。
日に5回だった上映は、シネコンの事情にもよるけど今は2~3回。
毎週のように通ってきたけれど。
サービスデーのレイトショーでも田舎の映画館じゃ10人のお客も観ていない。
貸しきり状況なのが実情だ。

この映画。
事情通には押しなべて評判はよろしくないが。
僕はとても気に入っている。
口コミなどでも評価は良くなく多くが最低ランク。
ただ悪い評価も含め感想評の多さなどはトップランクの賑わいだ。

実際に何度も通っていろいろな空気も感じた。
満足感漂うお客が目立つ回。
そうではない回。
僕自身も初回、6回目は余計なことが気になって集中できなかった。

でも。
そういう映画なんだなと。
最近はある程度納得できる。

エンターテーメントの視点から感性に響かない人は多いだろうな?
観て楽しませてもらえる。
と言う意味では人によって不満は残るだろう。

この映画は。
観る人の気持ちがヤマトに乗艦できなければ空々しい場面も多い。
まるでノッでいけない。
映画に参加したような気(ヤマトに乗った気)になってしまうと。
これほど面白い映画もないのだけどね。

元は原作も含め偉大な昔の少年たちの空想から始まった物語。
オトナの論理・ことの必然性・何かとの比較。
そんなもの当たり前の武器として脳内に持ち込んでしまえば。
劇ではなくて頭の中ですでにヤマトは木っ端微塵だろう。
表面的にしか見られないだろうし、第一粋じゃない。

まぁ。良い。
他人様がなんと不満を言おうが。
僕は毎度心底楽しませてもらっている。
それは紛れもない事実。

観た人自体の評価は大きく分かれる場合も多いが。
監督はそんなの織り込み済みとさえ思う。
そうじゃなきゃ、これほど色々な隠しダマは用意されていないだろう。
結構やんちゃな監督さんだな。
かなりのリスクは覚悟の上で・・・。

劇中、真田さんが無茶なワープをした古代に噛み付くシーンがあるけど。
ワープしなくても木っ端微塵だったんです!

古代の切り返しは。
なぜか監督が(実写ヤマトのことを)言っているような気もしてきた今日この頃。

また、明日。
ほんとに実在してるような気になってしまう真田さんや
「性善説の映画なんですね~」『普通の男を演じたかった」なんて老獪にとぼけたことを言いつつ核心を突いてくる、山崎務こと沖田艦長にお目にかかりに行ける。(苦笑)

せいぜい戦闘に参加することを楽しんでこようと思う。^^v
[PR]
by nikikko | 2011-01-24 23:47
5回目の実写版はお正月に息子たちと見た。
エンディングが終わっても立ち上がらない観客多数。
私たちも当然その中にいる。

その日の午後。映画はみんなで2作見た。
子供が希望したのは「I某」。
父ちゃんの観たいヤマトなど観たくないとか・・言う始末で。
結局サービスデーだったから、うまく言いくるめて両方みたわけ。
先に見終えたかの作は人の入りも多かったがタイトルバックが始まると
多くの人が出口を急いだ。
3人とも感動というより重苦しさと謎だけが残った作品だった。


子供たちは気が進まない感じで次に席に着いたのが我がバトルシップ。
結局終わるころには親子揃って感動の世界へ。
昔アニメのDVDを見せたときはイマイチという反応だったので心配したが。
取り越し苦労だった。
もっとも、子供が感動する部分は必ずしも私とは同じではなかったけれどね。



前置きが長くなりました。
うちの子供でも感動するんだから。
評論家の声や口コミの悪い評判だけじゃなく少しは高評価もネットにあがっているのかな?
とその夜からいろいろ見て回った。
ところが・・・・。
あら~~。
目立つのはがっかりインプレッション多いこと!

多くは昔のアニメとの違和感を嘆く話。
ミスキャストだ。役者が気に入らないだの。
ストーリーや脚本設定が唐突で最低だの。
やれ松本零士や宮川さんがなつかしいだとか。^^;

もちろん「感動した!」という方も多いのですがどうもそちらの意見は理由付けのようなところが弱い。

まぁ。FSXが甘いとかくらいならまだいい。

原作原理主義みたいな人がいっぱい跋扈していて。
アニメに熱狂したことなど遠い昔の私だけど。

ここまで悪く書かれる映画か?!

僕もそれなりに映画はいっぱい見てきたし。
そう偏った価値観も持っているつもりはない。

確かに初回見たときは、僕にもアニメのイメージやキャラクターへの思い入れもあったから、それなりに違和感はあった 。
唐突に思えたシーンも多く、 初回は70点くらいにしか思えなかったのは事実。

だから自分でその違和感の謎解きも含めて初回アニメ26作と映画2本見てみたんです。(30年ぶりじゃないかな。)

違和感は確かにノスタルジーに変わりかけました。
やっぱりアニメのほうがいいよなぁ。って。

でも、実写のほうが感覚的なところやリアルな部分、話の説得力など。
数段優れている部分はかなり多い。

これはこれで最大公約数は持ちながらも独立した作品ではないか?
そう悟って2回目を見た。

面白い面白い!

余計な先入観を抜いてしまえば、ストーリーや出演者。
ひいては製作者の熱意や意思までが嘘みたいにビンビン伝わって来るではないか?!

素直に泣けるし感動もできる。
唐突に見えた部分も脈絡をもってつながってくる。

映画って。
一度見ただけじゃ。
わからないこと。
意外と多いんです。

一回ですばらしいと思える作品も中にはありますけれどね。
僕の場合。良いものは何度も見て感動が深まるほう。

この作品はそういう匂いがします。

かつてアニメのヤマトは26作のテレビ番組。
それも再放送を重ねることによってブームを作った。
それをしてようやく。
沖田艦長、古代進、森雪、島、真田、佐渡、徳川のキャラクターが。
ヤマトが完成していったんです。

実写映画は。それを財産というより足かせになってしまうのを承知で。
たった一作で完成させようとした意欲作。

僕の感想などで世の風向きが変わるものでもありませんが。

少しくらいは援護射撃しても良いかなと。
思うこのごろです。
[PR]
by nikikko | 2011-01-03 21:15
分別盛りのヤマト世代です。
よい年をして5回も実写版を見ました。
個人的には。
とても練りこまれたすばらしい作品。
アニメ原理主義的な方は耐えられないだろうけど。
オリジナルの魂を生かしながらリアルさを追求していると思います。
1度目はアニメの影響が大きすぎてすんなり入らなかったのは正直なところですが。

作り手は「宇宙戦艦ヤマト」とはいったいどういうものだったのか。
ヒーロー物語というだけではなく。究極の戦争という状況で人の取りうる行動や想いに深い意味合いまで持たせようとしています。

新しい血を吹き込んで昔のテーマだった「愛」を言の葉では一言も語らず。
行動によってのみ伝えようとすることも日本的で好きです。
微に入り細にいり。原作のイメージや誇大な宣伝に引きずられないよう
うまくイメージをリレーいていくと役者の個性もあいまって大変よくできた作品と思えます。

旧ヤマト世代で1度見ただけで毀誉褒貶するのはどうかな?
数回見るととても収まりよいと思うのですが。

大スクリーンで堪能できるのは今だけですよ?
テレビ再放映してから後悔しても遅い気もします。
[PR]
by nikikko | 2011-01-02 15:56